下甑 瀬々野浦





瀬々野浦 全景


ソウジョウ平瀬
写真説明

大カブ瀬
 ここは大型のクロの実績が高い。北側はサラシができれば期待できる。沖向きは、下げ潮で尾長やマダイが出る。夜釣りも人気が高い。

中ノ瀬戸
大カブ瀬と松島に挟まれた低く平らな瀬。下げ潮が両サイドの水道から流れると正面20m先にあるシモり根付近のクロの喰いが立つ。また、左の松島側のシモり根周りも要チェックの必要あり。寒グロ時期になると、数型ともによく、大釣りが期待できる。

松島
 下げ潮でクロが数型ともによく、人気がある。また、釣り座が比較的高く、足場もまずまず。夜釣りでシブダイやフエフキダイも面白い。

立髪
 写真正面は潮通しがよく、足下から水深があるため、底物に定評がある。夏の夜釣りでは、シブダイ、フエフキダイ、アラなどにも実績がある。
冬場のクロ釣りも面白い。写真左に突き出た四角瀬の水道での実績が高い。

底物のポイントとして人気があり、過去にも30kgのアラが型見されている。

コシ瀬
松島からしばらく北へと走った地磯「コシ瀬」。底物のポイントとして実績がある。足下からすとんと切り立った形状をしている。渡礁の際は、足の踏み場が狭く、注意を要する。上の段にあがれば広くなっており、夜釣りにはもってこいの磯である。沖に向かって右から潮が入ってくると、餌がたまりやすく、ブッコミの好ポイントになる。一番左側が最も水深があり、釣り座から30m以上。右に行くに従って駆け上がり状に浅くなっている。

カミアイ
大内浦に位置し、時化に弱く寒グロ時期に中々上礁することが難しい。釣り座は狭く、2人が限度。足下から沖に向かって海峰が走っており、その根周りを狙うと、2kgクラスの口太が当たってくるので、油断は禁物。ハリスは太めに早く勝負するとよい。

黒瀬
写真説明

下のカノエ(大チンポ)
写真説明

平瀬
写真説明

コブ瀬
三角錐のような幾何学的な形状をしている。右の低くなった所から渡礁し、一番頂上で黒瀬方面を向いて足下を釣る。釣り座は狭く、1人が精いっぱい。全体的に斜面になっているところが多く、滑りやすいので注意が必要。水深は浅く、ゴロタ石が点在しており、クロの格好のすみかとなっている。寒グロ時期には数釣りが期待できる。下げ潮で実績が高い。

タテビラ瀬
足下から水深がある。石鯛ねらいに有利。釣り座は狭いが平らなので初心者でも釣りやすい。季節や水温にもよるが、2ヒロから竿1本半ほどのタナでクロが喰ってくる。

鷹の巣
1年中石鯛が期待できる。上げ潮は沖に向かって右に下げ潮は左に流れる。先端のハナレは遠投かご釣りでマダイやイサキ、夜釣りではフエフキダイ、アラなどもねらい目だ。

ヘタのウマ瀬
 ナポレオンとは水道をはさんで反対側にある独立礁。低い瀬なだけに凪の日しか乗れない。うねりには十分注意したい。
 ナポレオンとの水道がねらい目だが、潮によっては大型の尾長も当たってくるので注意は必要。




TOP    BACK