宇治群島








宇治群島は、甑島手打、津口鼻の南西53キロの海上にあり、磯釣り師垂涎の地として名高い。家島と向島の2つの島からなる無人島で、メジナ、大型の尾長、石鯛、アラのポイントが目白押し。その驚くべき魚影の濃さは昭和30年ごろ、フロンティア精神に満ちあふれた漁師たちに入植を試みさせた。しかし、船舶機械の技術がまだ高くないこの時代に、いくら最高の魚影を誇るとはいえ、捕った魚を市場まで運ぶことはかなりの負担だったそうだ。度重なる台風により漁船の破損、定置網の流失などのそのリスクの大きさから宇治群島開発事業は、4年半で断念。今は唯一避難港だけが人間の入植した名残を残している。


宇治群島全景

    家島周辺(ガラン・双子瀬・避難港)   

ガランのハナレ
 石鯛、尾長、クロの好ポイント。北側では、石鯛の大釣りが期待できる。南西向きの船着けでは、クロ、水道側でもクロが釣れる。南からのうねりには気をつけたい。

避難港前
避難港前一帯は、シモり根が点在しており、魚影が濃い。写真奥が高場、手前が低場。ともに、下げ潮でクロが数型ともによく、朝、夕マズメが有利。2月〜3月前半になると、クロのノッコミを迎え1ヒロ位の浅いタナで入れ食いになる。宇治向島との水道(隼人の瀬戸)に面しているため、潮通しは抜群で激流が流れることもある。瀬自体は低いので、うねりには気をつけたい。

ガランの水道
 尾長の1級ポイントとして名高い有名瀬。水道なだけに潮が通すポイント。船着けから南側へ進むとワンドがあり、撒き餌がたまりやすく、夜釣りの尾長ポイントとなる。ワンドが喰わない時は、40mほど先にある瀬に流していくのもいいそうだ。

   向島北側(黒瀬・西の立神・ハカタ瀬)  

黒瀬1番
写真説明

黒瀬2番
写真説明

黒瀬3番
写真説明

黒瀬4番

黒瀬5番
写真説明

三角瀬
写真説明

西の立神
写真説明

ハカタ瀬
写真説明

    南のハナレ・鮫島周辺(雀島・ウベット)  

鮫島全景 雀島全景


鮫島 三段
写真説明

鮫島のハナレ
写真説明

小鮫
写真説明

壁の水道
写真説明


南のハナレ
写真説明

写真説明

写真説明

カケアガリ
写真説明


カケアガリの離れ
写真説明



枕元
写真説明

江波岬
写真説明

赤崎瀬
写真説明

雀のカドヤ
写真説明

双子瀬


ケイダ瀬

ナンセイ瀬


TOP   BACK