アカハタ料理

評価(★・・・おすすめできない ★★・・・あまりぱっとしない ★★★・・・まあまあ ★★★★・・・美味しい ★★★★★・・・最高)

南海の磯釣り、船釣りでよく釣れるアカハタ。ねらって中々釣れるものではないが、磯釣りの外道として釣れると素直に喜んでクーラーに入れてしまう魚である。中華料理の食材として有名だが、新鮮なうちは刺身でもうまい。他のハタ系の魚に比べると脂はそれほどでもなく淡白な味でほんのり甘みがある。みそ汁の具材としてもいける。また、煮つけ、焼き物となんでもうまいそうだ。


アカハタの刺身
 中華料理食材として知られているアカハタ。新鮮なうちはぜひ刺身でいただきいたい。淡白でほんのり甘い身の味はさすがハタ系と思わせるに十分な旨みをもっている。皮をバーナーで焼いて焼き切りにして皮と一緒にいただいてもグー。

アカハタのみそ汁
 アカハタからとてもいいだしが出る。そんな魚はう潮汁やみそ汁がお勧め。味噌が魚をやさしい味に変えてくれる。頭などのアラは捨てずに出汁に使ってみよう。

アカハタの皮の湯引き
 アカジョウの皮もうまいからと作ってみたのがこれ。アカジョウほどの強い個性はないものの、旨みが凝縮されたゼラチン質のうまさはさすがにハタ系の魚だ。魚の皮なんて・・・という貴兄にぜひとも食べさせてみたい一品である。

アカハタの潮汁
 アカハタのアラを熱湯でくさみを取り、弱火でじっくりと魚の出汁を取り味わう料理。魚の質が問われるこの料理でもアカハタの実力を思い知らされることだろう。椀に移すと良質な脂が浮いた美味しそうな汁であることが見た目にもわかるほどだ。柑橘系の隠し味を添えておく方がいいだろう。

アカハタとキノコの炒め物
 アカハタの脂と旨みをキノコにしみこませ、アカハタの身にはキノコから出る旨みを吸わせ、見事なコラボレーションを演出する。チンゲンサイなどの野菜をアクセントで一緒に炒めるのがお勧めだ。中華の食材で有名だが、醤油ベースのタレで和風にしても十分うまい魚だ。

アカハタのカマ焼き
 45cmのアカハタとしてはかなり良型の部類に入る個体のカマに注目。
 シブダイなどの夏魚でもカマ焼きは絶品だ。アカハタでもうまいはず。ヒレに化粧塩をつけ、グリルで焼くと芳香な焼き臭いが台所を占拠してしまうだろう。弾力のある身と良質の脂を伴ったこの焼き物で驚くほどビールが進む。1匹で2個しか取れないから、大切に食したい。


TOP       BACK