バラフエダイ料理

評価(★・・・おすすめできない ★★・・・あまりぱっとしない ★★★・・・まあまあ ★★★★・・・美味しい ★★★★★・・・最高)

南海の赤いフィッシュイーターであるバラフエダイ。南海のメインターゲットシブダイほどではないものの、身は甘く食通をうならせる実力を持つ。食べるならやはり刺身が最もポピュラーだ。シブダイと同じくすし酢をの相性も抜群で寿司ネタでもイケる。またアカジョウと同じく皮にもかなりの旨みが存在する。

バラフエダイの刺身★★★★
 バラフエダイが釣れたら、まずは刺身で頂こう。ぷりぷりの食感と甘い身はシブダイに特徴がよく似ている。

バラフエダイの皮ポン酢和え★★★★
 皮を色が変わるまで湯がき、すぐに冷水でしめる。そのままにしているとすぐに皮のゼラチン質でよってくっついて食べにくくなるので、すぐにポン酢をかけておく。バラフエダイの皮はアカジョウほどの旨みはないが、ぷりぷりとした食感とわずかな甘みを楽しむことができる。

バラフエダイの手こね寿司★★★★
 寿司飯にごまと刻み大葉をまぜてどんぶりに盛り、千切りにしたきゅうりをその上に乗せる。そこに、あらかじめタレ(醤油:みりん=1:1)に漬けておいたバラフエダイの切り身をのせる。寿司飯と切り身との相性は抜群で、刻みきゅうりがしつこさを除いてくれる。夏にうってつけの料理だ。

TOP      BACK