イサキ料理

評価(★・・・おすすめできない ★★・・・あまりぱっとしない ★★★・・・まあまあ ★★★★・・・美味しい ★★★★★・・・最高)


イサキの塩焼き  ★★★★★
 イサキの料理と言えば、塩焼き。塩焼きと言えばイサキと言った方がいいかも。それほど、この魚は、塩焼きで美味しいというイメージが定着している。初夏のころ産卵のために餌を荒食いし、体に脂をとりこんでいる。この時期に釣ったイサキの塩焼きは、絶品だ。表面の皮をパリパリに焼いて、皮を開けば中から濃厚な脂とともにほくほくの淡白な白身が顔をのぞかせる。初夏に絶対に食べておきたい魚だ。裏旬と呼ばれる秋のイサキも中々美味。

イサキのタタキ  ★★★★
小さなサイズが釣れたら、塩焼きもいいが、刺身の身を薄く平切りにしてしょうゆみりんで味付けする。一文字、ショウガ、柚子などを薬味としてまぜるだけで見事な一品料理に仕上がる。お酒のあてとしても最高の食材だ。

イサキの皮ポン酢和え  ★★★★
イサキの皮は薄いので、ゆでる時間を短くする。他の魚と同じように、茹でたら流水でしめ食べやすい大きさに切る。ポン酢で、合えると最高の酒のあてになる。

イサキのニラ天  ★★★★★
クロのニラ天がおいしかったので、イサキでもうまいのではと考えて作ったのがこれ。イサキでも決して食通を裏切らなかった。

TOP   BACK