イシガキダイ料理

評価(★・・・おすすめできない ★★・・・あまりぱっとしない ★★★・・・まあまあ ★★★★・・・美味しい ★★★★★・・・最高)

 代表的な磯釣りの対象魚。潮通しのよい沿岸部の岩礁地帯に住み、大きく頑丈な歯でウニや貝殻などを砕いて捕食している。石鯛よりも南方系で、オスは口の周りが白くなり、老成魚は「口白」と言われ、底物師のステータスシンボルとなっている。皮は固いが、うろこは小さく比較的さばきやすい
 
 イシガキダイは環境や食性の影響か、独特の風味がある。これは好き嫌いもあるが、それを気にしなければ、抜群に美味しい魚である。刺身でよし、焼いても煮てもうまさを発揮。特に、皮の湯引きは有名で、割烹料理屋には欠かせない食材である。


イシガキダイの皮の湯引き ★★★★★
 うろこが小さいのに比べ、皮は厚く固い。この厚い皮を捨てるにはもったいない。いやそれどころか、高級食材に変身する。方法は簡単。湯引きにすればいい。やわらかくなったところで、ポン酢などの酸味のきいた調味料を加えれば、付け出しとして、酒の肴として最高の食べ物に。

イシガキダイの刺身 ★★★★
 イシガキダイが釣れたら、まず、定番の刺身にしてみよう。身はやや硬いので、うすくそぎ切りにするとよい。独特のくせがあるが、それが気にならなければ、コリコリとした食感を楽しむことができる。磯の場所によっては、磯臭さがきになるので、釣り場で血抜きをするなどしっかり処理をして持ち帰りたい。

イシガキダイのみそ汁 ★★★★
 イシガキダイはウニや貝類を捕食しているためか、よい出汁が出る。みそ汁のうまさには定評がある。頭やひれなどには大量のゼラチン質が隠れている。アラはみそ汁にするか、アラ煮にしたりして、イシガキダイの価値を堪能しよう

イシガキダイの手こね寿司 ★★★★
 我が家の夏の料理の定番。白ゴマなどを混ぜた寿司飯の上に、刻んだきゅうりを乗せて、醤油とみりんで味つけた切り身を乗せる。最後に刻み海苔をのせてできあがり。子どもから大人まで喜ばれるこの簡単料理は、イシガキダイでも十分に実力を発揮する。

イシガキダイの香草焼き ★★★★★
 イシガキダイの独特の香りや癖が気になるなら、香草やオリーヴ油で手早く調理したこの香草焼きがお勧め。バジルなどの香草を油で焼き、小麦粉をつけたイシガキダイのフィレをフライパンで焼くだけ。蓋をして蒸し焼きにすると香ばしい香りとともにほくほくの弾力ある身とパリパリの皮の両方の食感を味わえる。これに物足らなければ、各種のソースを作って上からかけて食すものいい。イシガキダイは焼いてもうまいことを証明してくれる。

イシガキダイのにぎり寿司 ★★★★
 イシガキダイの刺身に飽きたら、にぎり寿司を作ってみよう。磯独特の風味とともに弾力ある身が寿司飯と意外によく合うことに気づかされるだろう。


TOP      BACK