尾長グロ(クロメジナ)料理

評価(★・・・おすすめできない ★★・・・あまりぱっとしない ★★★・・・まあまあ ★★★★・・・美味しい ★★★★★・・・最高)


尾長のしゃぶしゃぶ  ★★★★
 口太に比べて季節のよって味の変化が少ない。身は白身の淡白な味だが、やや甘みがあり刺身としては高いレベルの食材である。新鮮なうちは、ぜひしゃぶしゃぶで頂こう。5秒ほどお湯をくぐらせるだけで、魚の旨みとともに弾力ある食感を楽しめるはずだ。また、あらかじめ皮を焼いておくと更に美味しくいただける。だしはいろいろあるが、ポン酢が一番合うようだ。


尾長の姿造り   ★★★★
 40cm以上の魚が釣れたら、姿造りも面白い。魚をきれいにさばき、魚の胴体につまや大葉などを敷きつめて、刺身をきれいに整然と盛り付ける。見た目は主婦からあまり歓迎されないが、その食味の良さとのギャップが、女心をくすぐるというもの。正月用の刺身に困ったら、迷わず硫黄島や甑島の尾長を釣って帰ろう。


尾長のカルパッチョ  ★★★★
尾長グレは口太に比べて脂は少ないが身に弾力があり、あっさりしているので、カルパッチョなど調味料と合わせて食べるのが中々いい。カルパッチョのタレは市販のもので十分。身の弾力があるので、刺身はうすくそぎ切りにするとよいだろう。赤ピーマンや玉ねぎ、ハーブなどを添えると彩りも加わって納得の料理になること間違いなし。



尾長の薄造り  ★★★★
尾長グレは口太に比べると冬場は旨みがやや足りない。そこで、身の弾力を味わうにはこの薄造りがいい。平切りの刺身に飽きたら、薄造りにしてみよう。尾長グレの刺身の味で新たな発見があるはず。

TOP  BACK