サバ料理


最高 ★★★★★       美味しい★★★★      まあまあ★★★      あまりぱっとしない ★★     おすすめできない ★

サバほど時期によって、また、場所によって味がわかる魚も珍しいのでは。日本沿岸の広い分布に生きているこの魚も魚が住む条件によって食味がかなり違うらしい。

例えば、高級ブランド魚としてだれもが知っている関サバ。潮流が育てた関サバという芸術品は、食通でなくても一度食べたら忘れられない味だ。また、ブランド魚でなくても美味しいサバは日本全国いたるところに存在するようだ。

ただ残念なのは、この魚が大変傷みやすいという点だ。ヒスタミンが多くなり中毒を起こすこともある。わたしの故郷の福岡では、刺身で普通に食べられてはいたが、それでもあまり食べすぎないようにと大人から忠告されていたものだ。

サバという魚を知るためには、もっとたくさんのいろいろな地方のサバを食す必要があると思う。




関サバの刺身 ★★★★★
 潮流が育てた芸術品である関サバ。新鮮な関サバを一口食べると、だれもが「これがサバ?」と自分の舌を疑うに違いない。弾力のあるしまった身に魚の旨みを伴ったうまさだ。運良く釣れたら、早めに持ち帰り、まずは刺身で味わってみよう。

鶴見のサバの刺身 ★★★★ 
 これは、鶴見のサバ。関サバと違って、えさが豊富にあるため脂がきつくサバの身にはたくさんの脂がしみ込んでいる。鮮度を保ちながら持ち帰り、
ぜひ刺身で食べてみよう。濃厚な脂とともに口の中でとろけるようなうまさを体感できるであろう。ただし、弾力を楽しみたいなら、関サバがお勧めだ。

鷹島のサバの刺身 ★★★
 鷹島で釣れたサバを刺身にしてみた。産卵期に入っていて、大きな卵を持っていたため、旨みも少なく、やや残念な味だった。回転すし屋の萬サバの方がうまいと思った。しかし、時期が違えば、またうまいのかもしれない。その期待を込めて★が3つである。

自家製塩サバ ★★★
 塩をつけておいた3枚におろしたサバを干しかごに入れて1晩寝かせて焼いたのがこの自家製塩サバ。ノルウエー産の塩サバの脂にはかなわないが、あっさりしているが旨みをほどよく含んだ焼き魚に大変身する。

サバのりゅうきゅう ★★★★
 サバの切り身をしょうゆ、みりん、日本酒、ショウガ、ごまの入ったタレに入れ、にんにく、ねぎや玉ねぎなどの野菜を入れて1晩冷蔵庫で眠らせる。そのままいただいてもいいが、アツアツご飯にかけてお茶を上からかけるとサバの旨みが溶け込んだお茶漬けに早変わり。

サバの厚揚げ ★★
 クロの厚揚げが美味しかったので、サバでもうまいかもしれないと作ってみたが、はっきりいって失敗だった。サバは血合いの部分がありどうしてもその風味が残ってしまう。それを消すために調味料を工夫するなどの手立てが必要だと思う。

TOP         BACK